TOP > ALL > GENERAL > 2020年注目の新作日本映画7選
GENERAL

2020年注目の新作日本映画7選

心温まるラブストーリー、衝撃的なスリラーに待望のシリーズ最終章

日本映画界からは2020年公開の新作が続々と発表され、年明け早々から楽しみが多い。ファンの間で長らく続編が心待ちにされ、ついに最終章を迎えることとなったアニメシリーズと漫画原作の実写版に加え、スリリングなアクション映画に感動のヒューマン・ドラマなど多くの作品が公開予定で、2020年もスクリーンから目が離せなくなりそうだ。面白そうな新作はまだまだたくさんあるが、まずは編集部のおすすめ7作品をご紹介しよう。

1. ラストレター

2018年、中国語で自身初の外国映画作品『你好,之華(Last Letter)』を制作した岩井俊二監督(『Love Letter』、『四月物語』)が本年発表したのは、前作と同題名・同内容だが日本を舞台とした本作。物語は、姉の未咲の死を知らせるために同窓会を訪れる裕里を追う。人気者だった未咲と間違われ、また初恋の相手である鏡史郎と再会した裕里は、妹だということを隠して鏡史郎へ手紙を送り、姉としての人生を体験する。

キャスト:松たか子、福山雅治、広瀬すず
監督:岩井俊二

2. AI崩壊

時は2030年、AIが個人情報を管理する日本。しかし人を助けるはずのAIが、年齢、経歴、資力などの分析を元に、生きる価値のない人間の選別を始める。崩壊寸前となり、国が策として挙げたのはこのカオスを生み出した張本人の逮捕。混乱収束への鍵となる開発者の過去は、制御の利かなくなったAIにより引き起こされる死と同等に辛いものだった——。人間味のある近未来のサイバーサスペンス『AI崩壊』は、今年もっとも心に響く作品となるかもしれない。

キャスト:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、松嶋菜々子
監督:入江悠

3. ヲタクに恋は難しい

どんなカップルにとっても愛を育むのはなかなか難しいことだが、2人がヲタクだった場合、尚更複雑な話になってくる。OLでBL漫画ファンの成海と、同僚でゲームのために生きる宏嵩。ヲタク同士キュートな恋愛に発展するはずだったが、性格が反対の2人には試練も待ち受ける。同題名の人気ウェブ漫画を原作とする本作『ヲタクに恋は難しい』は、笑える恋愛コメディーであり、奥深いヲタクライフを覗くチャンスでもある。

キャスト:高畑充希、山崎賢人、菜々緒、斎藤工
監督:福田雄一

4. 初恋

プロボクサーのレオは、恋に落ちると同時に自身の余命が僅かであることを知る。だが恋愛を楽しむ間もなく、新しい恋人で謎多き「モニカ」が日本のヤクザと中国のマフィア、更に警察から逃げるのを手伝うことに。偶然のタイミングでモニカと出会ったレオは、どうせ先の短い命なのだからと彼女を助けることにしたのだ。しかしそれは本当に賢明な選択だったのだろうか-。ありとあらゆる感情が渦巻く、危険をはらんだ最高のアクション。

キャスト:窪田正孝、小西桜子、大森南朋
監督:三池崇史

5. シン・エヴァンゲリオン劇場版

庵野秀明監督が『シンゴジラ』の制作をしていたこともあり、2015年より発表が遅れていたファン待望の新作。前作から8年の時を経て、本年遂に公開される。内容についてはまだあまり公表されていないが、庵野監督はとっておきを最後に残しているのでは、という話もある。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、庵野監督が2007年にスタートした『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の4作目で完結編。懐かしいキャラクターとともに、エヴァンゲリオンのテーマ:「人はなぜ生きるのか?」を問いかけ、遂にストーリーが完結する。

監督:庵野秀明

6. るろうに剣心 最終章

昨年、作品誕生25周年を迎えた和月伸宏のベストセラー漫画シリーズ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』。その実写版がこの夏、2作連続公開される。1作目の『るろうに剣心 最終章 The Final』は、最大の敵であるミステリアスな縁(えにし)との戦いを中心に描かれ、剣心の旅が完結する。一方、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、ずっと謎のままだったトレードマークの”十字傷”の原因など、剣心の過去に焦点を当てている。両作とも、アクション、衣装、武士道精神など見所満載だ。

キャスト:佐藤健、武井咲、蒼井優
監督:大友啓史

7. 糸

歌手・中島みゆきの平成のメガヒット曲『糸』に着想を得た本作は、美しい北海道で育った中学生の漣と葵の恋の物語。ある日、義父からの虐待を受けた葵は逃げ出し、若い2人は離れ離れになってしまう。漣は葵を探し出すが、またすぐに-今度はなんの手がかりもないまま、葵は姿を消してしまう。8年後、2人は偶然再会を果たすが、既にそれぞれの道を歩み始めていたため、再び離れることに。しかし10年後の2019年、平成最後の年に、最後にもう1度だけ巡り合うチャンスがやってくる-。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久監督がメガホンをとり、優れた俳優陣が出演する本作は、織りなされる絆を描いた物語。

キャスト:菅田将暉、小松菜奈
監督:瀬々敬久

編集部のお勧めの中で、一番興味をそそられるのはどの映画だっただろう。公開を是非楽しみにしてほしい。

文:JFF編集部

RECOMMEND POSTS

ページトップへ