TOP > ALL > DATA > 第1回 海外14か国 日本映画祭(JFF) 来場者対象アンケート結果
DATA

第1回 海外14か国 日本映画祭(JFF) 来場者対象アンケート結果

MULTIPLE LANGUAGE
  • English
  • Bahasa Indonesia
  • 日本語
  • ភាសាខ្មែរ
  • Bahasa Melayu
  • ဗမာစာ
  • ไทย
  • Tiếng Việt
  • 简体中文

国際交流基金では、事業の一環として海外での日本映画祭(JFF)を開催しています。2016年度に始動した「JFF(Japanese Film Festival)構想」事業は、これまで統一したプラットフォームのもと、アジア・大洋州地域を中心に日本映画祭の拡充を図ってきました。

3年目を迎えた2018年度JFFは、ASEAN10か国(フィリピン・マレーシア・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・タイ・ラオス・シンガポール・ブルネイ)、オーストラリア、中国、ロシア、インドの14か国・52都市で実施され、およそ180,000人もの日本映画ファンを動員しました。なかでもフィリピンでは、33,000人が日本映画を鑑賞し、日本映画祭としては世界一の観客動員数を記録しました。こうして規模を順調に拡大してきたJFFは、引き続き海外における日本映画市場のさらなる活性化をめざしています。

このたび、2018年度のJFF参加者を対象に、映画祭や日本映画について、鑑賞作品の感想など20を超える設問のアンケートを実施し、16,665件の有効回答数を得ました。以下では、アンケート調査の独自分析の一部を無料で公開します。

本記事の末尾には、全14か国のサマリーのほか、国別のアンケート結果へのリンクを掲載しています。そのほかJFFでは、作品別の詳細アンケートなども徴収しており、今後のJFF事業、ひいては日本映画市場開拓へと役立てていくつもりです。

■ JFF各国・各都市動員数

■ JFFネットワーク

【調査について】

調査対象:ASEAN10か国(フィリピン・マレーシア・インドネシア・ベトナム・カンボジア・ミャンマー・タイ・ラオス・シンガポール・ブルネイ)、オーストラリア、中国、ロシア、インドの計14か国

実施期間:2018年度(2018年4月~2019年3月)

調査方法:JFF作品鑑賞者に回答用紙/オンラインフォームを配布

有効回答数:16,665件

■ アンケート回答者属性

<アンケート国別回答数>

<性年代別>

<職業>

■ 日本映画鑑賞回数 (*JFFでの鑑賞回数も含む)

■ JFF認知経路

■ JFF参加理由

■ 鑑賞映画 作品選定理由

■ 日本に興味のあること

アンケートに関する詳細情報は以下よりご確認ください。

PRF サマリー資料リンク

RECOMMEND POSTS

ページトップへ