ALL POSTS

NEW
MUSIC
NEWS
若手監督による日本映画を全世界配信!JFF ONLINE vol.2: MOOSIC LAB × Japanese Film Festival
2020年8月25日 0 Likes
新進気鋭の若手監督による日本映画10作品を全世界へ無料配信 国際交流基金は、2020年8月21日から9月30日まで、日本映画情報発信ウェブサイト「JFF Magazine」において、オンラインストリーミング配信企画 第二
DATA
第1回 海外14か国 日本映画祭(JFF) 来場者対象アンケート結果
2020年3月31日 0 Likes
国際交流基金では、事業の一環として海外での日本映画祭(JFF)を開催しています。2016年度に始動した「JFF(Japanese Film Festival)構想」事業は、これまで統一したプラットフォームのもと、アジア・
GENERAL
奮闘と栄光!歴史に残るスポーツ映画5選
2020年3月30日 0 Likes
4年に一度開催されるオリンピック・パラリンピックには、諦めない心、努力、感動、栄光——私たち人間にとって欠かすことのできない根源的な要素が凝縮されており、世界中の多くの観客を魅了している。そんなオリンピックの精神は世界共
ANIMATION
MULTIPLE LANGUAGE
スタジオジブリが贈る永遠の喜び
2020年3月30日 0 Likes
想像してみてほしい――若き青年が、鳥の翼のような羽を持つ飛行機に向かって、瓦屋根を巧みに上っていく。彼は操縦席によじ登るとプロペラを回転させ、機体は風力で浮かび始める。飛行機が上昇していくにつれて、背景楽曲を彩るマンドリ
GENERAL
多様性、創造性、大胆さ:映画『21世紀の女の子』を手掛けた15人の女性監督たち
2020年3月29日 0 Likes
『21世紀の女の子』を観た時、ナンシー・マイヤーズが監督・脚本を務めたコメディー映画『ハート・オブ・ウーマン』(2000)のメル・ギブソン演じる主人公が、女性が本当に望んでいるものを理解しようと、初めてのワックス脱毛を体
GENERAL
アジアを代表する撮影監督の背後にあるもの:浦田秀穂インタビュー
2020年3月28日 0 Likes
 映画とその作り手について考える時、私たちは一般的に監督や俳優、脚本家、そして時にプロデューサーを思い浮かべる。しかし、映画製作においては、撮影監督やサウンドデザイナーといった専門性の高い技術者とのチームワークが、映画監
NEWS
JFFインド『祈りの幕が下りる時』伊與田英徳プロデューサーインタビュー
2020年3月27日 0 Likes
 2020年1月、国際交流基金が主催する「第3回日本映画祭(JFFインド)」がインドのムンバイにて行われ、日本映画25作品が上映された。その中で、昨年に引き続いて上映されたのが、東野圭吾のミステリー小説を映像化した、阿部
MUSIC
NEWS
JFFインド『ダンスウィズミー』関口大輔プロデューサーインタビュー
2020年3月27日 0 Likes
国際交流基金が主催する「第3回日本映画祭(JFFインド)」は、2019年度、インド全7都市で巡回するなど、過去最大規模で実施されている。同映画祭は、2020年1月にムンバイでも開催され、ムンバイの『ダンスウィズミー』(2
GENERAL
MULTIPLE LANGUAGE
映像を通して鑑賞する村上春樹の世界
2020年3月26日 0 Likes
毎年秋になり、ノーベル文学賞の発表が近付くと、東京のバーには本や額入りの写真を手にした「ハルキスト」たちが集まり、彼らが共通して抱く夢の実現を祈る。「ハルキスト」とは、小説家・村上春樹の国際的な文学界での活躍を応援する熱
NEWS
JFFロシア『海獣の子供』上映を終えて——STUDIO4℃田中栄子プロデューサーインタビュー
2020年3月26日 0 Likes
2019年12月、アニメーション映画『海獣の子供』(2019)が、国際交流基金の主催する「第53回日本映画祭」(JFFロシア)で上映された。日本の田舎町で暮らす中学生・琉花は、ジュゴンに育てられたという海と空という兄弟に
LIFESTYLE
HISTORY
猫好きなら何度も見たくなる!心温まる猫映画5選
2020年3月25日 0 Likes
世界中で多くの人の心を掴んだミュージカル『キャッツ』が初映画化され、2020年、再び世界中で話題となっている。日本でも多くのファンが『キャッツ』を観に劇場に足を運んだが、それもそのはず——猫は犬を差し置き、日本でペットと
GENERAL
映画祭でも絶賛! 2019年公開の低予算日本映画4選
2020年3月18日 0 Likes
近年、映像分野における現代技術は我々の想像を超える発展を遂げてきた。巨大なスクリーンから手のひらに収まるスマホまでまで、様々な画面を通しての映画鑑賞が可能となった上、一つ一つの色や形に命が吹き込まれたかの様な映像には驚か
GENERAL
MULTIPLE LANGUAGE
東京2020オリンピック公式監督・河瀬直美:傑作5選&最新作
2020年3月17日 0 Likes
各オリンピック開催前に、国際オリンピック委員会と大会組織委員会は大会公式映画制作を希望する監督の中から選考を行う。選考基準は、「至極明白な物事の先を見据え、オリンピック開催地の文化をユニーク、かつ魅力的に捕らえる能力を有
MUSIC
NEWS
JFF Magazine × Moosic Lab オンラインストリーミング配信企画スタートのお知らせ
2020年3月5日 0 Likes
2019年を振り返ると、たくさんのおもしろい映画、様々な映画祭やイベント、そしてアジア各地で活躍するスターや監督を読者の皆様にご紹介することができ、私どもJFFマガジンにとってとても素敵な1年でした。 ここで2020年に
GENERAL
MULTIPLE LANGUAGE
2020年注目の新作日本映画7選
2020年2月28日 0 Likes
日本映画界からは2020年公開の新作が続々と発表され、年明け早々から楽しみが多い。ファンの間で長らく続編が心待ちにされ、ついに最終章を迎えることとなったアニメシリーズと漫画原作の実写版に加え、スリリングなアクション映画に
ANIMATION
『海獣の子供』:美しい映像と感動的なストーリーを通して探求する奥深い観念
2020年2月21日 0 Likes
「虫や動物も。光るものは見つけてほしいから光るんだよ。」これは、2019年公開アニメーション映画『海獣の子供』の主人公の1人、海の言葉だが、彼は単に生物学的な話をしているのではない。海が言わんとすることは、人間を含む全て
GENERAL
MULTIPLE LANGUAGE
2019年公開日本映画ベスト10!
2020年1月31日 0 Likes
令和元年の年の瀬、JFF編集部では今年感動的な物語やクリエイティブなシネマトグラフィー、また優れた演技で私たちを楽しませてくれた映画作品を思い返してみた。愛情、喪失、気候変動、企業犯罪、人生の分岐点やそこでの選択など、多
SHOWBIZ
MUSIC
NEWS
映画&音楽コンペ Moosic Lab 2019 新進気鋭の映画監督・ミュージシャンによる最優秀作品決定
2020年1月30日 0 Likes
 2019年12月23日夜、東京中心部で開催された 「Moosic Lab Closing Party 2019 」会場には多くの若手映画監督、ミュージシャン、そしてゲストが集まり、国内有数の新人映画監督対象コ
LIFESTYLE
『パパはわるものチャンピオン』:日本の父親の愛のかたち
2020年1月29日 0 Likes
 「僕の夢は大きくなることです。パパはとっても体が大きいけど、僕は小さいのでママのごはんをたくさん食べて、早くパパのようになりたいです。大きくなって力持ちになったら、人にやさしくなれると思うからです。」藤村亨平監督映
LIFESTYLE
HORROR
日本のおもてなし文化を背景に語られる東野圭吾原作ミステリー『マスカレード・ホテル』
2019年12月30日 0 Likes
ジャケットのボタンが取れたからフロントクラークを部屋に呼び、探させる女。消えてしまったパソコンのデータをホテルマンに再入力させる男。「間違えて」荷物にバスローブが紛れてしまっていないか確認させて欲しいと申し訳なさそうに頼
1 / 612345...最後 »

RECOMMEND POSTS

ページトップへ