TOP > ALL > TRAVEL > 一度は訪れてみたい!名作映画の舞台となった観光スポット7選
TRAVEL

一度は訪れてみたい!名作映画の舞台となった観光スポット7選

MULTIPLE LANGUAGE
  • English (United States)
  • Bahasa Indonesia
  • 日本語
  • ភាសាខ្មែរ
  • Bahasa Melayu
  • ဗမာစာ
  • ไทย
  • Tiếng Việt
  • 简体中文

心から感動する映画に出合った時、舞台になった場所を訪れ、その世界観に浸るのは魅力的な体験である。町やレストラン、道路の一角でさえ、お気に入りの映画で印象的なシーンであれば、訪れるだけで感銘を受け、思い出の瞬間を写真にして残すことも出来る。これから紹介する場所は、北は北海道、南は沖縄まで、日本映画の舞台になったことがあり、旅行者にとっても魅力的な目的地である。映画を観て、次の旅行先を決めてみよう。ガイドブックを読むよりも楽しく、旅行先でも新しい発見に出合えるのではないだろうか。

1. 北海道:幸福の黄色いハンカチ

北海道 阿寒湖

 

幸福の黄色いハンカチ(1977)は日本屈指のロードムービーで、日本の北部に位置する・北海道を縦断する長い車の旅に乗り合わせた3人の男女の心温まる物語である。島の北東沿岸にあり、刑務所がある網走から出発した3人は、阿寒湖・帯広・陸別町など北海道の名所を通過しながら、300キロ以上離れた最終目的地、メロンが有名な町・夕張へと辿りつく。映画の原案は1971年、アメリカ人ジャーナリストのピート・ハミルによってニューヨークポスト紙に掲載されたコラムである。この映画が公開されてから40年経った今でも、北海道は素晴らしい情景を残している。雄大な自然、親切であたたかい人々、悠々と暮らす野生動物、そしておいしい食べもの。他の県に比べると交通量もずっと少ない北海道は、車の旅にうってつけだ。夕張を訪れる方は、この映画をテーマにした観光スポットの「黄色いハンカチ思い出広場」を訪れてみるのも良いだろう。

 キャスト:高倉健、桃井かおり 監督:山田洋次

2. 愛知 長久手 サツキとメイの家:となりのトトロ

愛知 モリコロパーク

 

日本が世界に誇るアニメの一つである「となりのトトロ」は、世界中に多くのファンがいる。舞台は終戦後の日本、幼い姉妹を描いた物語は、子どもにしか見えない森の主 −トトロとの冒険が中心だが、姉妹が住んでいる「家」もまた主な舞台となっている。映画の人気を受け、愛知県長久手市にあるモリコロパーク(愛・地球博記念公園)には、姉妹が暮らす家を再現した「サツキとメイの家」が建設され、名古屋の観光スポットとなっている。こうして映画の公開から30年近く経った今でも、古き良き昭和の日本にタイムスリップした気分に浸ることができる。

監督:宮崎駿

3. 東京 葛飾区 柴又:男はつらいよ

東京 柴又

 

「男はつらいよ」は26年間に全48作品が公開された日本人なら誰もが知っている国民的人気シリーズである。シリーズ共通の主人公である風来